ヘルペスの再発には兆候がある?異変を感じたら早めの対策が吉

ヘルペスの再発型には、何らかの兆候があると言われています。再発を繰り返している場合は、自分でその兆候が分かると言う方が多いそうです。初めは不快感が強くても次第に慣れてくるケースが多く、その慣れから不快の度合も軽減される傾向にあります。しかし、繰り返される頻度や度々の重症度によっては精神的苦痛感が増す場合もあるようです。

再発を繰り返す患者からよく示される兆候は、皮膚の熱感・違和感・かゆみです。熱感とはピリピリ・チクチク・ムズムズなどと表現される皮膚の感覚で、そこに灼熱まで行かない発熱程度の皮膚感覚(熱っぽさ)も伴います。熱感・違和感・かゆみといった自覚症状が現れてから、半日程で赤みのある腫れが起きます。その後、ヘルペスが再発して水ぶくれが生じます。再発症状は水ぶくれやただれが基本ですが、出現数は1個?3個程という特徴があります。

ヘルペスは初回発症時よりも、再発型の方が症状が軽くなると言われています。そのことも相まって、兆候を自覚する再発患者の不快感は保菌年数が長い程減少傾向にあります。しかし初回発症時に適切な処置をしなかった場合には、その時の症状が強く出る確率が上昇します。

ヘルペスは性器型も口唇型も水ぶくれ・ただれ・違和感・かゆみ・痛みといった不快症状を伴いますが、不衛生や刺激などの悪化要因がなければ放置しても自然治癒する感染症です。放置しても引く症状はいずれの疾患でも初回発症時には軽視されることが多く、初回時不適切な対処をしたことによる再発時の悪化で苦痛を覚えたことをキッカケに初めて病院へ足を運ぶ方もいます。

ヘルペス菌は症状が引いた後も体内に留まり続けるため、一度感染したら長い付き合いになります。繰り返される程症状が軽くなるとはいえ、破裂するとただれて不快感が強くなる水ぶくれを有する感染症ですので、軽視せずに適切な対処をする必要があります。特に初回発症時の対応は、その後の重症度に関わります。適切な処置を行わなければ、繰り返される症状が精神的苦痛に繋がりかねません。

現代はヘルペスの症状を抑える薬剤が開発されており、食事や衛生といった生活環境にも大きな問題が生じるケースが少なくなりました。放置することで悪化して多大な不快症状に苦しむこともなければ、別の細菌感染症になり死に至ることも極めて少なくなったと言います。古くはどうにもできない病気でしたが、現代は対処の仕方次第で上手く付き合っていけます。初回時も再発時も軽視せず、適切な対処を行うと共に予防に繋がる改善策を実践しましょう。