ゾビラックスの有効成分アシクロビルがヘルペスに効く理由

錠剤と木のスプーン

ゾビラックスに含まれる有効成分は、アシクロビルと呼ばれる成分です。このアシクロビルがヘルペスに効く理由は、ウイルスの活性化を抑制する働きを持つことにあります。

ヘルペスウイルスには、自身が持つDNAの合成を行いながら増殖する特徴があります。DNAの合成にはデオキシグアノシンと呼ばれる物資が不可欠だと言われていますが、このデオキシグアノシンの構造のアシクロビルの構造は極めて似ているそうです。そのことからウイルスはアシクロビルをデオキシグアノシンと間違えて取り込み、増殖機能が阻害されて正常に働くことができなくなります。すなわち、ウイルスの合成抑制作用を持つアシクロビルはDNA増殖に欠かせない物質と構造が似通うためにヘルペス細胞内へ安易に侵入することができるということです。安易な侵入が行えれば合成・増殖機能の核部分に入り込める率も高く、結果的に有効な作用が大いに発揮されます。ゾビラックスはそういった有効な働きを持つアシクロビルを主成分とする薬剤ですので、ウイルスを原因とするヘルペスには有用な存在となります。

ゾビラックスがヘルペスウイルスに効くといっても、ウイルスの種類は8つ程存在します。その中でゾビラックスの主成分アシクロビルが有効に働く種類は、単純ヘルペスウイルスと水痘・帯状疱疹ウイルスのみです。

単純ヘルペスウイルスには、1型(HSV-1)と2型(HSV-2)があります。1型は頭の中心辺りにある三叉神経に感染しやすいことから、主に口唇・口腔・咽頭に生じるヘルペス症状の原因になります。2型は感染後に腰骨辺りの腰仙骨神経節に潜伏し、性器周辺にのみ症状を起こします。1型も性器型を引き起こすことがありますが、ほとんどの場合は2型が原因です。

水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV)は、帯状疱疹や水疱瘡(みずぼうそう)を引き起こす種類です。水疱瘡は子供の頃に起きやすい疾患で、帯状疱疹は高齢の方に多い傾向があります。胸・背中・お腹など胴体を中心とした激しい痛みのある疱疹を起こすため、どちらの疾患でも患者には強い不快感が生じます。

皮膚に生じる症状は、違う疾患でもよく似たものが現れるケースが少なくありません。医師でも診断を誤ることがあるように、素人目ではさらに勘違いする可能性があります。ヘルペスの特徴的な症状は水ぶくれですが、破れると周囲に広がり、掻きむしったとなれば触れた手にも感染し得ます。軽視や安易な判断をせず、ちゃんと診てもらいましょう。